JR佐賀駅周辺でゴミを拾う参加者=佐賀市

 県民や事業所などが協力して清掃活動に取り組む「ふるさと美化活動」が3日、県内各地で開かれた。佐賀市では約140団体から約1500人が参加してゴミを拾い、環境美化に協力した。

 事業所や団体の所在地ごとに13のブロックに分かれ、可燃物と不燃物に分けてゴミを集めた。JR佐賀駅周辺を担当したJA佐賀信連の岩本奈穂子さん(37)は「自分が働いている地域がきれいになれば、気持ちよく仕事ができる」との思いで参加し、「ゴミは少ないと感じたが、タバコの吸い殻だけは目立った」と話した。

 美化活動は、「環境美化県民行動の日」の3日を中心に各自治体が実施している。 

このエントリーをはてなブックマークに追加