第47回日本男子ソフトボール西日本リーグ第2節最終日は3日、大阪市のセレッソスポーツパーク舞洲であった。ダイワアクト(佐賀市)は2戦2勝し、通算成績を7勝3敗とした。

 平林金属(岡山)戦は1-3で迎えた七回、2死一塁から代打アンドリューの本塁打で同点とし、さらに1点を加えてサヨナラ勝ちした。続く旭化成(宮崎)戦は三回に2本の本塁打で3-2と逆転し、試合を決めた。

 第3節第1日は10月20日、福岡県みやこ町で8試合があり、ダイワアクトはNeo長崎とジェイテクト(徳島)と戦う。

平林金属   000 003 0-3
ダイワアクト 000 100 3×-4
(平)松田-平本
(ダ)アンドリュー、古川-ニコラス
▽本塁打 アンドリュー(ダ)

ダイワアクト 003 000 0-3
旭化成    020 000 0-2
(ダ)アンドリュー-ニコラス
(旭)寺原-夏田
▽本塁打 古川、アンドリュー(ダ)

このエントリーをはてなブックマークに追加