日本の棚田百選に選ばれた有田町岳地区の棚田で17日、田植え体験が行われる。国見山中腹の標高400メートルにある水田で絶景を眺めながら手植えし、地元の食材を使った昼食を楽しめる。

 同地区の農家らでつくる「岳の棚田環境保全協議会」(岩永愛子会長)が、昨年に続き開く。当日は午前9時半に、国見トンネル近くの棚田館に集合。田植えの後、棚田米のおにぎりや、地元で取れた野菜たっぷりの昼食を用意する。

 参加料は昼食代と保険料込みで千円(未就学児は無料)。汚れてもいい服装で参加する。申し込み締め切りは15日。申し込みは同協議会の田代さん、電話090(9591)4032か、Eメール、agriceramic.arita@gmail.com

このエントリーをはてなブックマークに追加