■打線爆発初回10点 相手に重圧をかける鮮やかな先制攻撃だった。ソフトボール女子決勝は、序盤から打線が爆発した佐賀女子が「鹿島」を13―4で退け、4年連続の全国総体出場を決めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加