上峰町の「ひがしさが自動車学校」(木下健蔵社長)のオープンキャンパスが2日、同校であった。卒業生や免許取得前の人ら約130人が衝突体験や運転チェック試乗などを通して、安全運転の重要性を再確認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加