第47回日本男子ソフトボール西日本リーグ第2節第1日は2日、大阪市のセレッソスポーツパーク舞洲であり、ダイワアクト(佐賀市)は2試合を戦って1勝1敗だった。通算成績は5勝3敗。

 Neo長崎戦は同点で迎えた五回、無死一、二塁から4番乘本が左方向へ適時打を放って勝ち越した。七回にも1点を追加し、4-2で下した。続く愛媛ウエスト戦は延長八回タイブレーカーの末に3-4で惜敗した。

 第2節最終日は3日、同会場で8試合があり、ダイワアクトは平林金属(岡山)、旭化成(宮崎)と戦う。

 

ダイワアクト 110 010 1-4

Neo長崎  002 000 0-2

(ダ)アンドリュー-ニコラス

(N)南里-瀬戸口

▽三塁打 益田(N)▽二塁打 白水(ダ)益田、田中(N)

 

ダイワアクト 011 100 00-3

愛媛ウエスト 100 020 01×-4

 (延長八回タイブレーカー)

(ダ)アンドリュー-ニコラス

(愛)客野-棟田

▽三塁打 菅野、池本(愛)▽二塁打 升水、ニコラス、白水(ダ)

このエントリーをはてなブックマークに追加