卓球男子団体は敬徳が北陵を3-1で下し、4年ぶりに頂点に返り咲いた。初優勝の女子が隣で歓喜の輪をつくる姿も励みとなり、1日に25歳になったばかりの川久保直人監督は「良く戦ってくれた」とたたえた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加