伊万里市大川町の相(あい)の谷(たに)地区で、県内ではほとんど栽培されていないサクランボが鈴なりに実っている。福岡市西区の落合重夫さん(79)が定年退職後、妻の実家の畑を利用して育ててきた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加