テニス女子団体決勝・致遠館-佐賀商 攻めのテニスを展開し勝利をあげた致遠館の第2シングルス古賀里奈主将=佐賀市の県庭球場

 テニス女子団体は、昨年優勝時のレギュラーがそのまま残る致遠館が決勝で佐賀商を2-0で破り、2年連続優勝を飾った。優勝が決まった瞬間、主将の古賀里奈は、ほっとした表情を浮かべた。

 コート3面を使って1複2単の3試合が同時に始まった決勝。佐賀商が意地を見せ、3試合とも終盤までもつれる熱戦となったが、最後は致遠館が押し切った。野田里絵子監督は「勝って当たり前の雰囲気の中、よく勝ちきってくれた」とたたえた。

 第2シングルスで、粘る相手を振り切った古賀は「昨年までプレーや気持ちで引き気味になることがあった。主将として、攻めの姿勢で仲間を引っ張りたかった」と、勝利の喜びをかみしめた。

 【女子】団体1回戦 佐賀女子2-1佐賀東、佐賀北2-1武雄、神埼清明2-1早稲田佐賀、唐津東3-0弘学館、三養基2-1白石、鳥栖3-0高志館、小城2-1鹿島実▽同2回戦 致遠館3-0佐賀女子、鹿島3-0伊万里、唐津南3-0佐賀北、鳥栖商2-1神埼清明、佐賀西2-1唐津東、唐津西2-1三養基、鳥栖3-0清和、佐賀商3-0小城▽同準々決勝戦 致遠館2-0鹿島、唐津南2-0鳥栖商、佐賀西2-0唐津西、佐賀商2-0鳥栖▽同準決勝 致遠館3-0唐津南、佐賀商2-0佐賀西▽第2代表決定戦1回戦 佐賀西2-1唐津南

 ▽決勝

致遠館 2-0 佐賀商

(致遠館は2年連続7度目の優勝)

このエントリーをはてなブックマークに追加