テニス男子団体決勝・早稲田佐賀-佐賀西 サーブを打つ半藤伯馬=唐津市の松浦河畔公園庭球場

 テニス男子団体は早稲田佐賀がインターハイの切符を今年もつかんだ。昨年が初優勝で、追われる立場の重圧を全員で見事に跳ね返し、4試合を無傷で登り詰めた。

 決勝の相手は佐賀西。3コートで同時に始まり、4月の選手権大会で個人優勝した1年菊池翼、同3位の3年半藤伯馬がボールのスピード、回転量で圧倒し、シングルスで順当勝ち。最後にダブルスの枝松楓・相原綾介ペアも完勝した。

 優勝候補ではあったが、「気持ちでは絶対に負けたくなかった」と半藤。試合中は何度も大声を上げて自身を鼓舞していた。昨年のインターハイは初戦で全国の壁の高さに泣いた。みんなで雪辱を誓っている。

 【男子】団体1回戦 鳥栖工3-0鳥栖商、武雄2-1高志館、唐津南3-0清和、龍谷3-0北陵、鹿島実2-1東明館、敬徳3-0白石、唐津東3-0佐賀工、鹿島・鹿島新3-0佐賀商、佐賀西3-0佐賀北、鳥栖2-1伊万里、神埼清明3-0佐賀学園、弘学館2-1佐賀東▽同2回戦 早稲田佐賀3-0鳥栖工、武雄2-0唐津南、龍谷2-0鹿島実、敬徳2-1小城、唐津東2-1唐津西、佐賀西2-1鹿島・鹿島新、神埼清明2-0鳥栖、致遠館3-0弘学館▽同準々決勝 早稲田佐賀3-0武雄、敬徳2-0龍谷、佐賀西2-1唐津東、致遠館2-0神埼清明▽同準決勝 早稲田佐賀2-0敬徳、佐賀西2-1致遠館▽第2代表決定戦1回戦 致遠館2-0敬徳

 ▽同決勝

早稲田佐賀 2-0 佐賀西

(早稲田佐賀は2年連続2度目の優勝)

このエントリーをはてなブックマークに追加