ロザリオ後援会の北島恭一副会長(右)から各施設の代表者に目録が手渡された=佐賀市

 社会福祉法人聖母の騎士会を支援する「ロザリオ後援会」(陣内謙一会長)は5月26日、共同生活援助や母子生活支援施設などの同法人の四つの施設に助成品を贈呈した。品物は日々の活動に役立ててもらう。

 佐賀市の本部で同日にあった贈呈式では、同会の北島恭一副会長が出席者に一人ずつ目録を手渡していった。北島副会長は「一人一人の浄財が集まったもので、ぜひ役立ててください」とあいさつ。出席者を代表して「グループホーム輝」の野中浩行管理者が「善意に感謝したい」と話した。

 助成品は各施設の要望を聞き入れ、遊具や食事用トレーなど計約110万円分が贈られた。

このエントリーをはてなブックマークに追加