■佐賀市

 佐賀市は1日、8日に開会する定例議会に提出する一般会計補正予算案を発表した。補正額は4億3583万4千円で、補正後の総額は前年同期比0・3%増の945億7167万4千円。

 主な事業は、都市計画道路「八戸天祐線」などの整備経費に2億9224万円、これまでは借地で利用していた久保田保健センターの土地を購入する費用5280万円、暗きょ排水管を更新する土地改良区に対する補助3294万円など。

 定例議会には敬老祝い金の金額を見直す支給条例の改正案など、12議案と報告8件を提案する。

■小城市

 小城市は1日、8日開会の定例議会に提案する一般会計補正予算案など議案11件、報告4件を発表した。補正額は1453万円。補正後の総額は前年同期比2・0%増の216億2661万円。

 主な事業は、特別支援教室の増加に伴う小学校の施設改修326万円、10月27日に市内で開く明治維新150年記念事業40万円など。

■多久市

 多久市は5月31日、4日開会の定例議会に提案する一般会計補正予算案など9議案と報告9件を発表した。補正額は1830万円。補正後の総額は前年同期比2・4%減の126億3927万円。

 主な事業は、倒壊などの恐れがあるとして「特定空き家」に認定した住宅の解体費など296万円、市内3路線を走る市営のコミュニティーバスのルート変更に伴う業務委託費324万円など。

 特定空き家は昨年12月に住宅22棟を認定。持ち主が修繕や撤去の命令に従わず、行政代執行で取り壊す場合などに備えて2棟分の立替費用を計上した。コミュニティーバスは、7月8日に開業する公設民営の温泉保養宿泊施設「タクア」に乗り入れる新ルートを設定。補正後の本年度委託費は1985万円になる。

■白石町

 白石町は1日、6日開会予定の定例議会に提案する一般会計補正予算案など8議案と報告3件を発表した。補正額は5644万9千円で、補正後の総額は0・4%増の140億4444万9千円。

 主な事業は、有明海沿岸道路や来年春ごろ開業予定の「道の駅しろいし」周辺の農道整備に800万円など。

このエントリーをはてなブックマークに追加