囲碁を通じて交流を深める授業「ふれあい囲碁」が22日、鹿島市の北鹿島小であった。3年生の児童約30人が、日本棋院鹿島支部長の藤永勝之さん(72)らにルールを教わり、笑顔で石の取り合いに興じた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加