文部科学省は31日、「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)で2019年度から3年に1度、中学3年全員を対象に英語が導入されるのを前に、課題検証のために実施した予備調査の問題を公表した。出題では「読む・聞く・書く・話す」の4技能全てを網羅。中でも日本の生徒の課題とされる「書く・話す」の発信力を重視し、実生活でのさまざまな場面から、自分の考えや気持ちを伝える力があるかどうかなどを試した。

 予備調査は5月、全都道府県、政令指定都市の136校を抽出して実施。佐賀県内では唐津市小川島の小川小中校と神埼市の神埼中で実施された。「読む・聞く・書く」のテストは45分で行い、「話す」についてはパソコンで動画などを見てから生徒の英会話をマイクで録音する方法で15分程度で行った。範囲は中2までの学習内容で、難易度は英検4級相当。文科省の委託を受けた業者が採点。文科省は「問題を参考に学校での授業改善に生かしてほしい」としている。

 予備調査問題は、研究者や現職教員らで作成。学力テストの他教科のように基礎的知識を問うA問題と、知識の活用力をみるB問題とには分けておらず、「読む」「聞く」が大問それぞれ4問で、「話す」3問、「書く」2問。生徒の理解度に関するアンケートも同時に実施した。

 また、英会話を聞き取って自分の考えを話したり、英文を読み取って考えを書いたりするよう求めるなど、各技能を組み合わせて使う力も問われた。問題と正答例は国立教育政策研究所のウェブサイトで閲覧できる。

このエントリーをはてなブックマークに追加