試合前、メンバー表を交換する西武・辻監督(左)と、広島・緒方監督=マツダ

 佐賀県は31日、小城市出身の辻発彦監督が指揮する埼玉西武ライオンズと、鳥栖市出身の緒方孝市監督が率いる広島東洋カープのセ・パ交流戦に合わせ、ゲームスポンサーとして佐賀の魅力を発信した。プロ野球史上初の県出身監督同士の対戦となった昨年5月の交流戦に続いて協賛した。広島市のマツダスタジアムであった試合前のセレモニーでは、小城市の江里口秀次市長と鳥栖市の橋本康志市長が両チームの選手に花束を贈った。始球式は「佐賀さいこう」と染め抜いた法被をまとった山口祥義知事が務め、スタンドから盛んな拍手を受けた。

 セ・パ首位同士の対決で、この日は点の取り合いを西武が制した。山口知事は「佐賀県民が願っている日本シリーズでの直接対決に向けて突き進んでほしい」とエールを送った。

このエントリーをはてなブックマークに追加