佐賀県内の特別支援学校高等部の2017年度卒業者で、企業などへの就職を希望した48人全員が内定を得た。県が特別支援学校の生徒の就労支援を強化した13年度以降で初めてで、内定者数も最多だった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加