会長に選出された峰氏

 佐賀県商工会連合会の通常総会が5月29日、佐賀市のガーデンテラス佐賀(マリトピア)で約50人が出席して開かれ、新会長に峰英太郎氏(江北町)を選出した。任期は3年。本年度は重点事業として経営指導員による巡回指導を強化し、IT導入など経営支援機能の強化に力を入れる。

 新会長の峰氏は、江北町の建設会社の会長で、2015年から同連合会の副会長を務めている。「事業者も減っている。後継者不足などの会員の課題に対応したい」と抱負を語った。

 他の役員は以下の通り。かっこ内は所属商工会。(敬称略)

 副会長 古賀和裕(唐津上場)野田豊秋(佐賀市北)田口英信(基山町)▽専務理事 宮﨑珠樹(県連)▽理事 藤川範史(多久市)永沼功(神埼市)牟田正明(吉野ヶ里町)原佳彰(みやき町)中山博樹(上峰町)山本康徳(小城市)冨永祐司(唐津東)山口康雄(武雄市)藤瀬正男(大町町)門田憲治(白石町)小原健史(嬉野市)田中裕一郎(県青連)古舘日登美(県女連)▽監事 吉村正(佐賀市南)副島敬三郎(太良町)

このエントリーをはてなブックマークに追加