子ども食堂や学習支援の場など「子どもの居場所」の拡充を目指す佐賀県などは、6月3日午後1時から、佐賀市松原の佐賀市青少年センターで、キックオフミーティングを開く。子どもが安心して過ごせる居場所づくりに関心がある人、開設を検討している人が対象で、補助制度の説明や事例紹介などがある。参加者を募っている。

 2部構成で、1部は、若者の自立支援などを手がけるNPO法人スチューデント・サポート・フェイスの谷口仁史代表理事が基調講演。その後、佐賀県などが開設に必要な初期費用の補助制度を説明する。

 2部(午後2時半から)では、「佐賀こども食堂」店長の宮﨑知幸さんが、立ち上げの経緯や立ち上げに必要な資源をどうやって調達したかという具体事例を話す。コーディネーターによる個別相談もある。

 意見交換会やノウハウ研修などを本年度中に計5回、県内各地で開催する予定。問い合わせは「さが・こども未来応援プロジェクト実行委員会」、電話090(9482)4434。

このエントリーをはてなブックマークに追加