祐徳稲荷神社のお田植え祭で、秋の豊作を願い、苗を植える巫女たち=2017年、鹿島市古枝

雨の季節アジサイ彩る

 梅雨本番を迎え、すっきりしない天気が続く6月。気分もどんよりとしてしまいそうだが、こんな時にこそ外に出て季節の風物詩やイベントを楽しみ、リフレッシュしたい。

 アジサイなど季節の花が見頃に。唐津市相知町の見帰りの滝では9日に「あじさいまつり」が開幕。遊歩道には約50種類4万株がパステルカラーの花を咲かせる。県内各地でホタルの乱舞も楽しめる。武雄温泉保養村の「ほたる祭り」は3日、特別イベントの美味暮(おしくら)まんじゅう水上大会なども開かれる。

 伝統の祭りも行われる。呼子大綱引は2、3の両日、岡組と浜組に分かれ力の限り綱を引き合う。鹿島市の祐徳稲荷神社では18日、お田植え祭があり、早乙女姿の巫女(みこ)たちが五穀豊穣(ほうじょう)を祈りながら稲を植える。

 21日は夏至。夏本番に向かう。伊万里市の大川内山では16日から恒例の「風鈴まつり」が始まり、“秘窯の里”に涼しげな音色を響かせる。

 

■県内各地の催し

2日、呼子大綱引/18日、祐徳稲荷神社お田植え祭

このエントリーをはてなブックマークに追加