報道陣に公開された「トヨタ創業期試作工場」=31日午後、愛知県刈谷市

 トヨタ産業技術記念館(名古屋市)は31日、トヨタ自動車が創業期に試作車を製作した愛知県刈谷市の工場を報道陣に公開した。老朽化で一時は取り壊しを検討したが、先人のクルマづくりにかける情熱を継承するため保存を決めたという。7月18日から一般に公開し「トヨタの原点」を広く伝える。

 公開する「トヨタ創業期試作工場」は1934年に完成し、トヨタグループが自動車事業に進出する第一歩となった「A1型試作乗用車」を製作した歴史ある建物。木造平屋で、グループの愛知製鋼刈谷工場の敷地内に約1700平方mが現存している。

 見学は無料だが予約が必要で、HPかファクスで申し込む。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加