無事にゴール後、抱きかかえられ安心した様子を見せる赤ちゃん=佐賀市のゆめタウン佐賀

お母さんが待つゴールへ、一直線で駆け寄る赤ちゃん=佐賀市のゆめタウン佐賀

 佐賀新聞社は30日、佐賀市のゆめタウン佐賀で「第14回ひびの子育て杯ハイハイよちよちレース」を開きました。ハイハイ、よちよちの2部門に計49人が出場。おもちゃなどで子どもを誘導する保護者の元へ、一歩一歩進む子どもたちに会場から温かい拍手が送られました。

 コースを横断する子やスタートの合図と同時に駆け出す子など元気溢れるレースが繰り広げられました。そのほか、ゴール地点で待つ兄の胸に飛び込む子や隣で泣きじゃくる出走者を見つめる子など、ほほ笑ましい光景に会場は笑顔に包まれました。

 レースの模様は6月13日、佐賀新聞のウェブサイト「佐賀新聞LiVE」で動画配信します。

このエントリーをはてなブックマークに追加