第56回佐賀県高校総合体育大会は6月1日開幕し、5日までの5日間、県内8市5町の51会場で熱戦を繰り広げる。三重県など東海4県を主会場に開く全国総体出場を目指し、30競技31種目に50校7284人(男子4394人、女子2890人)が出場する。

 総合開会式は1日午前9時半から佐賀市の県総合運動場陸上競技場であり、約1500人が入場行進。鳥栖工高男子陸上部の狩野了輔主将と清和高女子陸上部の武冨沙輝主将が選手宣誓する。雨天時は県スポーツ会館で各校の団長、旗手、選手代表らで実施する。

 初日の1日は県総合運動場など会場周辺の混雑が予想される。県高校体育連盟は公共交通機関の利用や車を乗り合わせての来場を呼び掛けている。

このエントリーをはてなブックマークに追加