■保守分裂の余波独自判断容認も 12年ぶりの保守分裂が確実な佐賀県知事選は、これまで国政選挙などで自民党と同一歩調を取ってきた業界団体も「推薦」の取り扱いをめぐって対応が割れている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加