佐賀県唐津市の中原遺跡で2000(平成12)年9月に出土していた木簡に、7~8世紀にかけて九州北部を警護した「防人(さきもり)」を意味する「戍人(じゅにん)」という文字が書かれていたことがこの日、分…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加