佐賀県鹿島市の七浦海浜スポーツ公園で27日に開かれた「第34回鹿島ガタリンピック」。大会初出場の選手たちは足を踏み入れたことのない「未知の出合い」に胸を弾ませ、両手を広げて干潟の上に倒れ込んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加