佐賀LIXIL-テゲバジャーロ宮崎 後半、シュートを放つ佐賀LIXILのFW三宅大樹(右)=佐賀市の県総合運動場陸上競技場

 サッカーの第98回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、佐賀新聞社、NHK共催)第2日は27日、佐賀市の県総合運動場陸上競技場などで1回戦14試合があった。3年ぶりに出場した佐賀県代表の佐賀LIXIL(鹿島市)は宮崎県代表のテゲバジャーロ宮崎に0-3で敗れ、初戦突破はならなかった。

 佐賀LIXILは2点を追う後半、リズムを取り戻して好機をつくったが得点できず、32分にカウンター攻撃から追加点を許した。

 流通経大(アマシード)がJ3の盛岡(岩手)に2―1で競り勝ち、2回戦に進出。VONDS市原(千葉)はJ3の秋田を1―0で破り、福岡大はFC徳島に勝った。

 J1、J2勢は6月6日の2回戦から登場。サガン鳥栖は同日午後7時から鳥栖市のベストアメニティスタジアムで多度津クラブ(香川)と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加