岸田文雄政調会長(右)に政策提案を渡す山口祥義知事=佐賀市のガーデンテラス佐賀(マリトピア)

 佐賀県の山口祥義知事は26日、自民党の岸田文雄政調会長と佐賀市内で会談した。国政課題の佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画や九州新幹線長崎ルート整備方針などについて意見交換した。

 会談は党県連大会出席後、県からの政策提案として非公開で行われた。山口知事によると、岸田氏はオスプレイに関連して神埼市の陸上自衛隊ヘリ墜落事故の原因究明が最優先との認識を示し、近くまとまる事故の調査報告の説明を受けるよう要請したという。

 全線フル規格化などの案が浮上している長崎ルートに関しては、引き続き整備方針を検討していくことを確認した。岸田氏からは「佐賀は厳しい状況と聞いている」との言及があり、山口知事は「(フル規格などは)大きな負担になるのも含めて検討させてもらう」と述べた。

 会談後、岸田氏は「今後ともよく意思疎通を図って協力していかなければならない課題だ」と話した。社会資本整備なども要請した山口知事は「(政策提案は)しっかり検討すると前向きな返事をもらった」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加