唐津署は26日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、伊万里労働基準監督署補償係長の容疑者(44)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前11時20分ごろ、唐津市鏡の市道で、酒気を帯びた状態で軽乗用車を運転した疑い。

 唐津署によると、交通検問中に停車させて発覚し、呼気1リットル中0.4ミリグラム以上のアルコールが検出された。「ビールを朝から飲んでいた」などと供述しているという。

 伊万里労働基準監督署の川浪盛雄署長は「公務員にあるまじき行為で、大変遺憾。迷惑を掛けて誠に申し訳なく思う」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加