鹿島ガタリンピックに出場するため来日している韓国の釜山(プサン)外国語大学校の学生らがイベント前日の26日、鹿島市の障害者支援施設「鹿島療育園」を訪れた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加