【27日の催し】

 「名護屋城跡並びに陣跡」史跡探訪会(唐津市鎮西町の茶苑「海月」駐車場集合)◆シャルル・リシャール=アムラン ピアノリサイタル(佐賀市日の出の佐賀市文化会館)

【巡回車】 (28日)

 ◆胃がん・子宮がん・乳がん・大腸がん・肺がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)▽8時半=小城市・牛津保健福祉センターアイル(乳がん検診のみ予約制)▽8時45分=太良町総合福祉保健センターしおさい館(乳がん検診のみ先着55人まで)

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

【LIVE】

 ◆デュオハヤシコンサート

 (6月2日18時、佐賀市大和町の雅音ホール)国際コンクールで入賞を重ね、海外で数々のコンサートを開いてきた「デュオハヤシ」(チェロ奏者の林俊昭さんとピアニストの林由香子さん)がベートーベンやレスピーギなどを演奏する。前売り券は4000円(当日は4500円)。電話080(5251)3266

 ◆第17回あじさいコンサート

 (6月10日14時、伊万里市立花町の伊万里市民図書館)T.S.S(日本伝統音楽を守る会)伊万里による箏と尺八の演奏。プロの尺八奏者の大河内淳矢さんをゲストに迎える。子どもたちの演奏もある。無料。古川さん、電話0955(22)7360。

【展覧会】

 ◆大分・竹巧彩 毛利健一 竹編みのバッグと自然素材の服展

 (6月2~10日の10~18時、大川市中木室のいぐさブティック草)竹職人の毛利健一さんによる竹工芸。また2、3日には農薬や除草剤、化学肥料を使わずに育てた野菜や米、トマト、イチゴなどのマルシェも。電話0944(87)7432。

 ◆びっきいの町の写真ずきさんたちの作品展

 (6月3日まで10~17時、江北町山口のちゅうりっぷのうたギャラリー)江北町内の写真愛好家5人が風景や祭りなどを写した25点前後。同ギャラリー、電話0952(86)4520。

【告知板】

 ◆「名護屋城跡並びに陣跡」史跡探訪会

 (27日10時半~12時、唐津市鎮西町の名護屋城内茶苑「海月」駐車場集合)名護屋城跡の各所や、秀吉が茶の湯や能を楽しんだ山里丸などの見どころに加え、同城北側の水手通路で新たに発見された石組側溝や破却された通路の状況など、最新の発掘調査状況について学芸員の解説を聴きながら散策する。受付開始は10時。参加費300円。

 ◆生活保護一斉相談会

 (29日10~16時)生活保護に関するさまざまな相談を受け、弁護士や司法書士、社会福祉士などの専門家に配填して意見書作成や同行申請、代理援助などの支援につなげる。電話0952(22)6284。また平日13~17時利用可能な九州・沖縄ネットワークの統一電話097(534)7260でも受け付ける。

 ◆佐賀勤労者山岳会6月例山行「由布岳」

 (6月3日6時25分、佐賀市駅前中央の佐賀駅バスセンター)大分県湯布院町の象徴である由布岳(1580メートル)に登る。ミヤマキリシマのピンクの花が咲き誇っている。雨具、弁当、行動食、飲み物、着替えなどは各自持参する。バス・温泉代込みで5300円。申し込みは30日まで。緒方さん、電話090(6892)4640。

 ◆県ウォーキング協会6月例会「きたがた四季の丘公園と長崎街道塚崎道を歩く」

 (6月3日9時、武雄市北方町の武雄市役所北方支所集合)武雄市自慢の北方グルメと長崎街道の歴史に触れるコースを歩く。11キロと5キロを選んで参加する。参加料は300円(中学生以下は100円)。雨天決行。事前申し込み不要。事務局安達さん、電話090(5948)6004。

 ◆多久がんサロン「ハート」

 (6月3日13時半~15時半、多久市北多久町の多久市中央公民館研修室)がんで悩みや辛さを抱えている患者と家族同士が、色々な話で交流できる情報交換の場。相談員やピアサポーターが相談に乗る。予約不要、無料。進藤さん、電話090(4586)0806。

【イベント】

 ◆子ども着付体験

 (6月2日13時半~15時、佐賀市城内の佐賀城本丸歴史館)幼児、小学生を対象に殿様やお姫様の衣装、幕末佐賀藩士の軍服などを着付けする。電話0952(41)7550。

 ◆チャオシルマーケットvol.1

 (6月3日10~16時、嬉野市嬉野町のうれしの茶交流館チャオシル)お茶や嬉野茶を使ったお菓子や、嬉野産野菜を使ったカレーなどの軽食のほか、ハンドメイド雑貨、アクセサリーを販売。リラクゼーションブースや親子・子ども向けワークショップもある。当日はチャオシルの入館も無料。佐賀広告センター中島さん、電話080(1723)9232。

このエントリーをはてなブックマークに追加