JA佐賀県女性組織協議会の活動体験発表会が11日、佐賀市で開かれた。各地区の女性部員4人が、組織の強化や活動を活発にする独自の取り組みを紹介し、JAさがみどり地区の梅﨑登代子さんが最優秀賞に選ばれた。

 梅﨑さんは「ともに広げよう! 女性部の輪!」をテーマに発表した。副会長を務める武内支部の活動がマンネリ化するのを避けようと、集落ごとに開催していた学習会を支部全体で行うよう見直し、部員間の交流が深まって若手の参加者が増えたことを紹介。地元の祭りで女性部のブースを設け、県産小麦100%使用のうどんを販売するなど、組合員以外や子育て世代に向けて女性部活動をPRしていると訴えた。

 梅﨑さんは7月に宮崎県で開かれるJA九州地区女性組織リーダー学習会で県代表として発表する。

このエントリーをはてなブックマークに追加