母子手帳アプリを手にする職員=白石町役場

 白石町は、育児や出産などに役立てる母子健康手帳アプリ「スマイルしろいし」の運用を始めている。登録することで、予防接種の通知を受けることができるほか、子どもの成長の記録をグラフ化したり、写真の管理もできる。

 東京都のモバイルコンテンツ配信事業のエムティーアイが開発したアプリ「母子モ」を活用。出生時などに登録することで、スケジュール管理が複雑だった子どもの予防接種の時期を自動で計算して通知する。また、身長や体重を入力することで、成長の記録を管理できる。

 アプリから町のホームページにアクセスし、地域の子育て情報などを確認することもできる。

 町保健福祉課は「実際の母子手帳と合わせて使ってほしい。アプリをうまく活用して予防接種の漏れがないようにしてもらえたら」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加