佐賀大学の教育学部と教職大学院、佐賀県教育委員会による連携・協力協議会が23日、県庁であった。昨年度は休止した、教員が発達障害の児童生徒を支援する力を養成する取り組みを再開させる方針を確認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加