「鷹の祭典2018」のコラボユニホームを発表するサガン鳥栖の高橋義希選手(左)と福岡ソフトバンクホークスの上林誠知選手=福岡市のヤフオクドーム

 サッカー・J1サガン鳥栖は、プロ野球・福岡ソフトバンクホークスとの連携企画で、7月22日に鳥栖市のベストアメニティスタジアムであるベガルタ仙台戦の来場者全員に「鷹の祭典2018」のコラボユニホームを贈る。22日、福岡市のヤフオクドームで会見があり、鳥栖の高橋義希選手とソフトバンクの上林誠知選手がコラボユニホームを披露した。

 両チームは競技の垣根を越えて子どもたちにスポーツの楽しさや感動を味わってもらおうと「スポーツキッズプロジェクト」を展開しており、今年で5回目。

 鳥栖の限定ユニホームは白色を基調に金色のストライプが入っており、今季のスローガン「ITADAKI(頂)」の文字がストライプ部分にあしらわれている。

 この日始球式も務めた高橋選手は「スタジアムがユニホームの色に染まり、いい雰囲気の中で試合ができている」とサポーターに感謝し、「プロジェクトを通して子どもたちが野球やサッカーに興味を持ち、夢を抱いてくれたら」と笑顔で話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加