中北浩爾氏

日本政治の行方中北氏が解説

一橋大学大学院教授

 佐賀新聞社が主催する佐賀政経懇話会、佐賀西部政経セミナーが29、30日にそれぞれ開かれる。一橋大学大学院社会学研究科教授の中北浩爾氏が「安倍政権と日本政治の行方」と題して講演する。会員制だが、一般も有料で聴講できる。

 中北氏は1968年、三重県生まれ。91年、東京大学法学部を卒業後、東大大学院法学政治学研究科修士課程を修了した。東大法学部付属近代日本法政史料センター助教授、立教大法学部教授、ハーバード大学ライシャワー研究所の客員研究員など歴任し、2011年4月から現職。『現代日本の政党デモクラシー』(岩波新書)など多数の著書がある。

 佐賀政経懇話会は29日に佐賀市のホテルニューオータニ佐賀で、佐賀西部政経セミナーは30日に武雄市の武雄センチュリーホテルでいずれも午前11時から開く。一般聴講料は5千円。申し込みは佐賀新聞文化センター、電話0952(25)2160。

このエントリーをはてなブックマークに追加