待望の「ふたご手帖(てちょう)」が完成した。「母子健康手帳」の副読本として、ふたごの妊娠・出産・育児について書かれた冊子だ。 多胎研究者である石川県立看護大学の大木秀一教授(医学博士)と、多胎育児の経験があり、支援者として長年活動してきた6人のメンバーで執筆。