旧優生保護法(1948~96年)下で知的障害者らに施された不妊手術や人工妊娠中絶に関する電話やファクスの相談窓口が21日、35都道府県で開かれた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加