PRトラックの狙いを語ったジョイックスシステムの吉原崇己社長=県庁

 開催中の「肥前さが幕末維新博覧会」を盛り上げようと、神埼市の運送業者「ジョイックスシステム」(吉原崇己社長)が自社トラックの側面に博覧会のロゴなどをデザインした。21日から本州を中心に運行し、博覧会や佐賀県をアピールし、県の発展に寄与する狙いだ。

 トラックは冷凍や冷蔵設備の付いた新車で、幅約2・5メートル、長さが約12メートル、積載量が約12トン。側面に博覧会のロゴや九州の地図が描かれている。関東や関西を中心に運行することから、他県の人たちが博覧会や県に興味を持ってもらうきっかけをつくる。

 同日に県庁であった出発式では、吉原社長が「佐賀の発展が、地場商工業の発展につながるはずだ」と期待を込めた。山口祥義知事は「維新博のPRにつながる」とお礼を述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加