梅雨の時期を前にした防災パトロールが21日、上峰町内であった。町役場や警察、消防、自衛隊の担当者ら26人が、過去に災害が発生した危険箇所など7カ所を巡回し、災害時の対応策を考える参考にした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加