自民党佐賀県連(会長・留守茂幸県議)は20日、佐賀市で総務会を開き、来年夏の参院選佐賀選挙区(改選1)の公認候補に関し、6月24日に決めることを確認した。5月26日の県連大会で正式決定する。

 佐賀選挙区は、自民現職の山下雄平議員(38)=1期=が改選を迎える。参院選の候補者に関し党本部からは、開かれた選考を行うように指示が出ており、6月15日までに各支部が県連に申請する。

 また来春の県議選に関しては、10月上旬に一次公認を決める考え。

このエントリーをはてなブックマークに追加