共産党佐賀県委員会は20日、県党会議を開き、12月の知事選は、7月末に判決が見込まれる諫早湾干拓訴訟への山口祥義知事の態度を見て対応することなど、今後1年間の活動方針を決めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加