鳥栖-F東京 後半、前線への突破を図る鳥栖MF福田(右)=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 明治安田生命J1リーグ第15節最終日は20日、鳥栖市のベストアメニティスタジアムなどで6試合があり、サガン鳥栖はFC東京に0-0で引き分けた。通算成績は3勝4分け8敗(勝ち点13)で順位は変わらず17位。 

 首位広島はC大阪に0―2で敗れ、連勝が4で止まった。勝ち点は37で、2位のFC東京は同28。川崎は中村の2ゴールなどで清水に3―0と快勝、同27で3位に浮上。札幌は神戸に0―4で大敗し、12戦ぶりの黒星で5位に後退した。

 J1はワールドカップ(W杯)ロシア大会開催のため一時中断する。第16節は7月18日にあり、鳥栖は午後7時から神奈川県平塚市のShonanBMWスタジアム平塚で湘南ベルマーレと対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加