黄金色に色づいた麦畑が見渡す限り一面に広がる佐賀平野=佐賀市嘉瀬町周辺(ドローンで撮影)

 眼下に広がる佐賀平野は見渡す限り黄金色。国内有数の麦の産地として知られる佐賀県では、収穫を待つ麦の穂が色づき、美しい「麦秋」の風景を作り出している。

 ビールや焼酎の原料となる二条大麦の作付面積は、2017年産で全国1位になるなど、県産麦は常に上位を維持している。このうち佐賀市嘉瀬町では、どこまでも続く麦畑が一様に黄金色に染まっている。風にそよそよと揺れる麦の穂が、梅雨入り前の暑さを紛らわせている。

 暑い夏にビールは欠かせない。今年も佐賀県産の二条大麦が大活躍するに違いない。

このエントリーをはてなブックマークに追加