代表決定戦・佐賀魂-ビクトリークロウ 2回途中から救援した佐賀魂の浦郷純也=みどりの森県営球場

 第43回全日本クラブ野球選手権大会佐賀県予選は20日、佐賀市のみどりの森県営球場で代表決定戦があり、佐賀魂がビクトリークロウに8-1で七回コールド勝ちした。

 佐賀魂は0-1で迎えた二回、寺尾の中前打を足掛かりに1死満塁とし、本村の右翼への適時二塁打などで4点を奪って逆転。三回に3点、六回には1点を加えた。投手は池田、浦郷とつなぎ、ビクトリークロウに追加点を許さなかった。

 佐賀魂は8月に宮崎県である九州地区予選に出場する。

 ▽代表決定戦
佐賀魂     0430010-8
ビクトリークロウ1000000-1
  (七回コールド)

このエントリーをはてなブックマークに追加