550冊の絵本を積み、約1カ月間県内各地を回る講談社の全国訪問おはなし隊のキャラバンカー=佐賀市の鳳鳴乃里幼稚舎

 キャラバンカーに絵本を載せて全国を巡る「本とあそぼう全国訪問おはなし隊」が、訪問先と読み聞かせボランティアを募集している。同隊は9月に佐賀県を訪れ、県内の幼稚園や小学校など約100カ所を巡回する予定。

 同隊は1999年7月、子どもに向けた読書推進事業として講談社(東京都)が始めた。各所の訪問は、読み聞かせや紙芝居を行う「おはなし会」30分と約550冊に上る絵本の自由閲覧30分の約1時間。佐賀に来るのは2016年10月以来で10回目となる。

 同隊訪問先の募集を6月11日まで、訪問先で読み聞かせをするボランティアを同25日まで募集する。ボランティアは7月16日午後2時から、県教育会館で開かれる説明会と学習会に参加する。訪問先の問い合わせは講談社広報室読書推進グループ、電話03(5395)1152。ボランティアの問い合わせは出版文化産業振興財団おはなし隊係、電話03(5211)7282。

このエントリーをはてなブックマークに追加