左から、表彰を受けた「古窯の森を育てる会」の丹野譲さん、松尾善博さん、医療通訳者を目指す濱博子さん=唐津シーサイドホテル

 国際ソロプチミスト唐津は15日、唐津市北波多の古窯の森公園の保全管理に取り組む団体など、誠実な活動を続ける団体と個人を表彰した。

 「古窯の森を育てる会」は、公園の草花の管理やホタルの育成などを20年以上取り組んでいる。会長の松尾善博さん(81)=同地区=が表彰を受けた。また7歳になる長男を育てながら、医療通訳者になるための勉強に励む市臨時職員の濱博子さん(46)=二タ子=も同時に賞状を受け取った。

 表彰式が同市の唐津シーサイドホテルであり、松尾さんが「背中を押してもらえた気分。これからもしっかり活動したい」と話し、濱さんも「まじめに生きていれば誰かが見ていてくれる」と喜んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加