佐賀女子高茶道部の生徒が、校祖の中島ヤスさんにお茶をささげた=旭学園の体育館

 佐賀女子短大や佐賀女子高などを運営する学校法人「旭学園」(内田信子理事長)で17日、創立者の中島ヤスさん(1876~1951年)をしのぶ校祖祭があった。学園関係者や学生など約500人が参加。建学の精神を受け継ぐ分火式などを行い、女子教育に情熱を注いだ校祖に思いをはせた。

 佐賀女子高3年の迎日菜乃さんが中島さんの生涯について朗読。学校関係者に誰にでも公平な太陽のように生徒と接してほしいとの思いから「旭」の文字を取り入れたことなども紹介した。

 分火式では短大、高校、ひしのみこども園の代表者が登壇し、校祖の功績を表すともしびをそれぞれが持つろうそくに分火した。その後、生徒・学生が作った俳句や、高校茶道部の生徒がたてた茶を校祖にささげた。

 中島さんは1923年に旭学園の前身となる佐賀裁縫女学校を設立。43年には教育功労者として藍綬褒章を受章した。

このエントリーをはてなブックマークに追加