ラベンダーが見頃を迎え、ほのかな香りが丘一面を包む=有田町のチャイナ・オン・ザ・パーク

 丘一面を紫色に染めたラベンダーが、辺り一帯をほのかな香りで包み込む。深川製磁が運営する「チャイナ・オン・ザ・パーク」で可憐な花を咲かせたラベンダーが見ごろを迎え、訪れた人を出迎える。花言葉は「沈黙」。

 花畑は北海道から嫁ぎ30歳の若さで早世した2代目社長夫人の敏子さんを偲んで「敏子フラワーガーデン」として長年愛されてきた。本来、ラベンダーは北海道など冷涼で乾燥した場所を好み、気温が高い九州では数少ないラベンダー畑として、初夏の陶磁の里を彩っている。

 19日から6月4までラベンダーフェアが開催され、ラベンダー色の絵付け体験やラベンダーグッズも限定で販売される。

 ▽場所 佐賀方面から有田町に入り、国道35号線を佐世保方面に進む。駐車場は同施設内。入園無料。

このエントリーをはてなブックマークに追加