「水」をテーマに並んだ作品を鑑賞する来場者=唐津市の近代図書館

 唐津市で活動する六つの美術団体による市民美術祭が、同市新興町の近代図書館で始まった。27日までは、うち5団体が「水」をテーマに絵画や書、写真など約50点を並べた合同展を開いている。入場無料。

 各団体から46人が出品し、海や川など水のある風景をそれぞれの手法で表現している。福岡県の伝統行事を写した写真「力水」は、男性が気合いの水をかぶる様子を捉えている。ぶちまけられた水の勢いを閉じ込めている。

 見学に訪れた市内の深川ひろみさんは「去年も見に来たが、どの作品もレベルアップしていて頑張りが伝わってくる」と見入っていた。

 合同展の後は7月1日まで、5団体が順番に展示会を開く。

このエントリーをはてなブックマークに追加