全日本空輸佐賀支店の支店長に4月に就任した常木尚隆氏(48)。「県の発展とともに歩んでいき、愛される航空会社を目指したい」と意気込む。

 同社の佐賀空港―東京間は1日往復5便。「羽田行きの便は観光客やビジネスマンの支持を得ている。平均7、8割の搭乗率で好調に推移している」と胸を張る。

 4月から航空機内で公衆無線LANサービスを進めている。「機内で仕事やインターネットができる」と好評だ。ほかに、県など自治体が利用促進に力を貸してくれる点にも感謝し、「全国的に見ても、これだけ協力してくれる県は少ない」と話す。

 千葉県浦安市出身で、1992年に入社。空港勤務や海外への赴任、企業向けの営業などで経験を積んできた。趣味はゴルフと温泉巡りで「武雄や嬉野に行ってみたい」と話す。佐賀市。

このエントリーをはてなブックマークに追加